「海洋民族ラピュタの足跡をたどる」武内先生ふたたび広島へ!

3月19日・20日と、ペトログリフ研究家武内一忠先生に来広頂き、弥山、野呂山を巡るフィールドワークと勉強会を開催しました。その際、季節外れの雪となり、野呂山は途中まで登ったものの断念…次回にチャレンジを!ということになりました。武内先生が、広島で必ず行きたいところ、それは先生のお師匠さんの酒井勝軍先生が発見された太古のピラミッド、庄原の葦嶽山だとおっしゃっていました。早速後日葦嶽山に登ってみたところ、とてもいい気に満ちた場所。しかも周囲には神武天皇御祭神の蘇羅比古神社、古墳がたくさんありました。武内先生に報告したところ是非行きましょうとのことで、またまた!急遽広島に寄ってくださることになりました❣️

今回は、6月23日(日)24日(月)の二日間です。1日だけの参加もOKです。

初日は庄原葦嶽山でのフィールドワークをたっぷりと!

2日目には前回大吹雪により辿り着けなかった野呂山の大重岩もついに訪問予定!その後呉市のビューポートくれにて座学です。前回の座学にて、この大重岩にそっくりな写真がスライドにありました。それはなんとスコットランドの約8000年前の石板文化の遺跡でした…世界はどこまで繋がっているのでしょう?楽しみです!

お申し込みは担当植村まで、お名前、参加日、参加人数、お電話番号をLINEもしくはメールでお知らせ下さい

LINEはこちらから

メールは aroma.kinone@icloud.comまで